明洞の屋台で焼き芋を韓国語で頼んでみた!

こんにちは。韓国大好き「こぐま」です。

今回は明洞の屋台での買い食いをレポートしたいとおもいます。

韓国旅行で、みなさん1度は行くであろう、明洞。
観光客でもっとも賑わっている場所です。
コスメにファッション、お土産屋さんに、食堂、映画館、デパート、とにかく何でもある!って感じです。
繁華街だから、夜でも人で溢れかえっていて、治安もいいですよ😊
そんな明洞の夜の楽しみは、屋台。韓国らしさを満喫できる楽しみの1つだと思います。

明洞といえば、屋台グルメ!

明洞駅の8番出口を出ると、夜は屋台がたくさんが所狭しと並んでいます。
ものすごい数の屋台が夕方になるとどこからともなく現れて、アッというまに屋台だらけになります。
こんなにたくさんの屋台がどこにあったのだろう?と不思議なくらい屋台が出できます。

韓国の楽しみのひとつでもある屋台グルメ。
日本にはあまり見かけない、新しいグルメもあり、安くいろいろ食べ歩きが出来るのは嬉しい。
1人旅でも色々食べられるし、友達とシェアしながら食べ歩くのも楽しいです。
買ってホテルの部屋でのんびりと食べるのもありだし、屋台グルメは本当に重宝します。

今回は数ある屋台の中でも大きいツボが目をひく、焼き芋を食べてみました。

日本では、こんな大きなツボで焼く焼き芋は見たことない!!ってくらい大きなツボが目に付きます。
しかも芋が大きい!!
韓国語で焼き芋は「コグマ」って言います。
(余談ですが、私の「こぐま」の名前は焼き芋の意味ですwww)

さっそく「コグマ ハナ チュセヨ」、「さつまいも ひとつ ください」と韓国語で注文。不安だったけど通じた😂通じただけで嬉しいもんだ!

とは言え、明洞屋台の方は、ほぼ日本語通じるので日本語で注文できます😄

韓国の焼き芋って・・・

割ってみると、中は黄色でねっとり!
見るからに「おいしそ~」
私は、ホクホクよりねっとり派なので、私好みの焼き芋に間違いありません!
一口食べると、予想通り甘くてねっとりして「うまい~」!と思わず声に出でしまうくらい、甘かった!
蜜たっぷり包んである包み紙にも蜜がにじみ出てくるほど。
これは、皆さんにもおススメできます!
最近は新しい屋台グルメが多いけど、昔ながらの焼き芋もかなり食べる価値があると思いますよ。

明洞屋台のまとめ

明洞の屋台は、

  • 種類が豊富
  • 好きなものを食べ歩きできて、お手軽。
  • 日本語OK!
  • 夜でも治安がよくて安心
  • 1人旅でも楽しめる

とにかく甘くて美味しかった焼き芋だけど、お腹がいっぱいになちゃうから、他にも屋台グルメを食べたい人は友達とシェアしたほうがいいかも。

最新情報をチェックしよう!