コンブルの韓国の激辛ヘルシー料理がおすすめ

韓国お役立ち情報を紹介する「こぐま」です。

安くてヘルシーな韓国料理を食べてみたくはないですか?

豆もやしと豚肉を辛いタレで炒めた「コンブル」は、たっぷりと食べてもヘルシー。

辛さは3段階から選べ、辛い物が好きな人も苦手な人も味わう事ができます。

「コンブル」が食べられる【コンブル】弘大店は、価格もリーズナブル韓国の若者で

いつも賑わっているお店です。

韓国に行ったならぜひ味わって欲しい韓国料理の1つです。

コンブルとは

「コンブル」とは、豆もやしと豚肉を辛いタレで炒めた韓国料理です。

そんなコンブルが食べられるのが、人気チェーン店の【コンブル】です。

【コンブル】はプルコギの専門店で、看板メニューの「コンブル」や「プデチゲ」が

人気です。

どのメニューもリーズナブルで、韓国の人にも人気のお店です。

コンブル弘大(ホンデ)店

弘大(ホンデ)の「歩きたい通り」にあります。

弘大(ホンデ)は学生街のため、他の店舗よりメニューの価格が少し安くなっています。

そのため、いつも韓国の学生で賑わっている人気店です。

何度か来店していますが、スタッフは日本語が通じません。

コンブル弘大(ホンデ)店 アクセス

地下鉄2号線の弘大入口(ホンデイック)駅が最寄駅になります。

弘大入口(ホンデイック)駅の9番出口を出て、すぐに左折します。

左折し真っ直ぐと進み「歩きたい通り」に出ます。

「歩きたい通り」に出たら右折すると、すぐ左側に【コンブル弘大店】があります。

弘大(ホンデ)店は、韓国の若者にも大人気のエリアなので明洞店より価格が安いんです。

コンブル弘大(ホンデ)店 営業時間

営業時間   10:30~24:00

年中無休

夜遅くまで営業しているから便利だよ。

コンブル メニュー

コンブルの看板メニューは「コンブル」です。

ノーマルの「コンブル」は1人前7800ウォン(約780円)ととてもリーズナブル!!

全ての注文は2人分からです。

ノーマルの「コンブル」の他に、鶏肉のコンブル、イカ入りコンブルなどがあります。

それぞれ、メインメニューにポックンパ、うどん、クルピス、チーズが付いた

お得なセットメニューがあります。

その他、プデチゲもメニューにあります。

ポックンパは〆の焼き飯の事だよ。
クルピスは乳酸菌飲料で辛い物を食べる時に韓国ではよく飲むんだよ。

ほとんどの人がセットメニューを注文するよ。

コンブル 食べ方

コンブルでは、スタッフが焼いてくれます。

何もせずにただひたすら焼きあがるのを待つだけです。

写真は2人分のノーマルのコンブルです。

薄切りの豚肉がたくさん入って美味しそう!!

コンブルでは辛さを3段階から選べますが、自分から辛さを指定しないと普通にかなり辛い

コンブルが出てきます。

豆もやしと豚肉を辛いタレで炒めたコンブル

スタッフが手際よく焼いてくれ、食べごろになると赤くとっても辛そうになります。

豆もやしは少しシャキシャキ感が残り、薄切りの豚肉とよく合って美味しい!

ノーマルのコンブルは想像以上に辛かったです。

辛い物が苦手な人は、絶対に辛くないコンブルを注文してくださいね。

ほんの少しのトッポギも入っています。

激辛好きなら大丈夫だと思いますが、辛い物が好き~くらいな人だとかなり辛いはずです。

セットメニューを頼むと付いてくるクルピスは、辛すぎる時に飲むと辛さが和らぐので

辛い!!と感じたらクルピスを飲んでみてくださいね。

甘酸っぱいクルピスで水を飲むよりは早く辛さが落ち着きますよ。

韓国の若い人も飲んでる人がたくさんいたので、韓国の人もコンブルを辛く感じて

いるんでしょうね~~。

想像以上に辛いんだよ~~。

辛い時はぜひクルピス飲んでみてね。

豆もやしと豚肉を辛いタレで炒めたコンブル

コンブル弘大(ホンデ)店 まとめ

なぜ弘大(ホンデ)店をおすすめするかというと、明洞店より「コンブル」の価格が

安いんです!

弘大は学生街のため、観光客が多い明洞より価格が少し安いのでいつも弘大店に行って

ます。

豆もやしと豚肉の相性が良く後引く辛さがたまらないコンブル。

辛さは3段階から選べるので、辛い物が苦手な人も大丈夫!

豆もやしがたっぷりなので、たくさん食べてもヘルシーです。

価格もとってもリーズナブルなのも嬉しいです。

セットメニューもあり初心者でもお手軽に注文出来ます。

ただ、お肉がガッツリ食べたい人には物足りないかもしれません。

そんな時はお肉の追加も出来るのも嬉しいですね。

たくさん食べてもヘルシーだし、価格もリーズナブル!!

コンブル弘大店 地図

コンブル明洞店 地図

豆もやしと豚肉を辛いタレで炒めたコンブル
最新情報をチェックしよう!