【火砲食堂】ソウルで人気の焼肉店で守るべきマナーとは

韓国大好きこぐまです。

韓国と日本では、食事のマナーには大きな違いがあるのを知っていますか?

 

 

ソウルで美味しい焼肉を食べるんだ~!
今から楽しみ!

韓国の焼肉屋さんでは、
日本とは違うマナーがあるのを知ってる?

え?焼肉屋さんって日本と何か違うの?

日本とは違う焼肉屋でのマナーがあるんだよ!
韓国と日本のマナーの違いを詳しく教えるね。

この記事のテーマ

 

【火砲食堂】ソウルで人気の焼肉店で守るべきマナーとは

~郷に入っては郷に従えで、マナー違反にならずに焼肉を楽しもう!~

火砲食堂とは

火砲食堂は韓国の人気の焼肉チェーン店です。

明洞や市庁にあり観光客も行きやすい焼肉屋さん。

韓国のブランド豚「ハンドン(韓豚)」の熟成肉が、食べられる行列覚悟の人気店です。

 

知り合いの韓国の人におすすめのお店を聞いたら、
教えてくれたのが「火砲食堂だよ」

韓国での焼肉(食事)のマナー

火砲食堂を詳しく紹介する前に、まず韓国の焼肉屋さんでのマナーを紹介しますね。

 

焼肉は専門店へ行くべし

 

韓国での焼肉は、日本のように1つのお店で牛肉、豚肉、鶏肉、

カルビにロースにホルモン、と色々な肉の種類や部位が食べられるわけではありません。

牛肉なら牛肉専門、豚肉なら豚肉専門、ホルモンはホルモン専門と、

専門店になっているお店が多いです。

食べたい肉の種類や部位を決めて、専門店に行くのが韓国の焼肉です。

ですが最近は、観光客が多い明洞などでは、日本のように多くの種類を扱う

焼肉屋さんは増えてきました。

肉を注文する時のマナー

そしてお肉の注文ですが、最初の注文は同じ部位を2人前から注文するのが基本です。

1人でも注文は2人前からです。

追加分からは1人前づつ注文できます。

お肉を頼むとついてくるパンチャンと言われるおかずは、おかわり自由です。

 

食べ方

ご飯は、日本のように焼肉と一緒に食べません。

焼肉を食べ終わった後に、ポックンパッと呼ばれるシメの焼き飯を食べる事が普通です。

そして直箸が基本です。

日本のように逆さ箸や取り箸の習慣は、全くありません。

焼肉でも大皿の料理でも料理でも、どんな料理も自分の箸で直に取って食べます。

韓国ではご飯と汁物はスプーンで食べます。

パンチャン(おかず)は箸で食べます。

日本はお茶碗は必ず持って食べますが、

韓国はお皿や器は持たずに置いたままで食べます。

日本とは違いお皿や器を持って食べるのは、行儀が悪いとされています。

 

 

焼肉の焼き方

注文した肉は自分で焼くのではなく、殆どのお店は店員さんが焼いてくれます。

ヒックリ返しも、ハサミでカットするのも、全て店員さんにお任せ。

何もせずに待っていればいいんです。

焼き上がる間はパンチャンなどを食べながら、待ちましょう。

網は日本と同じように交換が可能です。

網が汚れたら、店員さんが勝手に交換してくれます。

もし交換してもらえなかったら、店員さんに声かけして、

どんどん交換してもらいましょう。

火砲食堂 市庁店

南大門市場と市庁の間にあります。

周りには相鉄スプラジールソウルや、ホテルグレイスリーソウルなどの

日系ホテルもあるので、日本人もたくさん来店しています。

 

火砲食堂 市庁店 アクセス

地下鉄1号線の市庁駅7番出口から徒歩で5分。

地下鉄4号線の会賢駅6番出口から徒歩で7分ほど。

南大門市場には徒歩で2分とアクセスは便利です。

 

火砲食堂 市庁店 営業時間

営業時間:月〜金11:30~翌1:30 (休憩15:00~17:00)

    :土・日・祝11:30~23:00 (休憩15:30~17:00)

定休日:1月1日・旧正月・秋夕

火砲食堂 市庁店内

行った時間が夕方の早めの時間だった事もあり、まだ空いていました。

並びたくないなら、開店時間すぐか、夕方早めの時間がおすすめ。

夜の19時から21時ころは、とても混むので並ぶ可能性が高いです。

混んでいる時は、店先にある用紙にローマ字で名前を書いておきましょう(^_^)

市庁店には数回行っていますが、日本語が話せる店員さんはいないと思います。

ですが韓国人の若いお兄さん店員は、ニコニコととても感じが良いです。

マジュマ(おばさん)は、あまり愛想は良くないです。

席に案内されたらまず、椅子の中に荷物をしまいましょう!

各テーブルにある椅子の蓋が取れ、中に荷物や上着を入れる事ができます。

冬など上着や荷物が多くて入り切れない時は、

店員さんが大きなビニール袋を貸してくれます。

火砲食堂 市庁店 店内

火砲食堂 メニュー

火砲食堂のメニューは、写真付きの日本語表記。

価格も明確なので、安心して注文出来ます。

おすすめは韓国ブランド豚肉の韓豚(ハンドン)の、熟成サムギョプサルとモクサル。

まずは、同じ部位を2人前から注文しましょう!

 

火砲食堂 市庁店 メニュー

火砲食堂 実食

今回は1人旅だったので、サムギョプサル2人前を注文。

さすがにモクサルまでは、食べきれない(^◇^;)

お肉は店員さんが焼いてくれます。

サムギョプサルには、均等に切り身が入っています。

これで肉が焼き過ぎて、固くなる事がないようです。

肉と一緒に鉄板にあるのが、小鉢に入った、ニンニクとごま油のマヌルジョンジ。

提供されない店は、自分で頼む必要(基本は無料)がありますが、

火砲食堂では最初から付いてきます。

そして小腹に入った赤い物は、魚介類の塩辛。

これが、めちゃくちゃ美味しい!

よくチェジュ島の焼肉屋さんでは見かけますが、

最近はソウル内でも、提供するお店が増えてます。

独特な匂いはあるから、嫌いな人もいるかもですが個人的には大好きです(^ ^)

豚肉との相性は凄く良い!

 

火砲食堂 市庁店 サムギョプサル

火砲食堂のパンチャン(おかず)は、野菜たっぷり種類も豊富。

もちろんおかわりも自由。

豚肉との相性が抜群の、行者ニンニクの葉の醤油漬けも付いてきます。

(写真の1番手前)

火砲食堂 市庁店 おかず

火砲食堂では、他の焼肉店にはない鍋?スープ?がドーンと付いてきます。

無料なのに白菜、チンゲン菜、貝にエビに小さいけどカニまで入っている~( ゚Д゚)

見た目は辛くなさそうなスープですが、ピリッとした辛さがあります。

 

火砲食堂 市庁店 鍋まで無料で付いてくる

焼肉といったらやっぱり飲みたくなってしまいます。

火砲食堂では、生ビールもあります。

韓国では日本ほど、生ビールがあるお店は多くないです。

それでも最近は増えましたが、いまだに古い焼肉屋さんなどでは瓶ビールが主流です。

 

火砲食堂 市庁店  サムギョプサルとビール

肉が焼き上がってくると、店員さんが一口サイズにカットしてくれます。

いい感じに焼けてきて、凄く良い匂いで食欲がそそられる〜。

 

火砲食堂 市庁店 サムギョプサル

焼き上がると、それ以上は焦げないように店員さんが器に移してくれます。

器に入れても鉄板の上に置いてあるので、最後まで温かなまま食べられるのが嬉しい!

火砲食堂 市庁店  サムギョプサル

サムギョプサル おすすめの食べ方

肉に付けるタレは、塩、わさび、塩辛、マスタードが用意されています。

 

火砲食堂 市庁店 焼肉たれ

まずは、塩を付けてシンプルに食べるのがおすすめ。

豚肉の甘みと旨さが最大限にわかる食べ方です。

火砲食堂 市庁店 サムギョプサルの食べ方

次におすすめな食べ方は、行者ニンニクの葉の醤油漬けに巻く食べ方。

これも、美味しいのなんのって!

日本ではあまり馴染みがない食べ方ですが、ぜひ食べて見て下さい。

火砲食堂 市庁店 食べ方

そして、魚介類の塩辛に付けて食べるのもおすすめ。

塩辛はクセがあるから、好き嫌いは分かれるかも。

でも慣れると美味しい!

日本ではあまり知られていない、焼肉の楽しみ方がいっぱいありますね!

個人的にはワサビとマスタードを付けて食べるのは、おすすめしないですね。

だって、日本のワサビよりワサビが美味しくない・・・。

あの「つーん」感が少ない。

マスタードも「ふーん」くらいな味ですね。

「すごい美味しい」とは思わないです。

今回は紹介していないけど、

「キルムジャン」というごま油に塩が入ったタレもおすすめ。

出てこない焼肉屋さんでは、「キルムジャン チュセヨ~」と言えばもらえます。

火砲食堂 市庁店 サムギョプサル

焼肉マナーと火砲食堂 まとめ

韓国には韓国の焼肉マナーがあるのは、わかってもらえましたか?

日本とは真逆のマナーもあるので、注意して下さいね。

火砲食堂は市庁の他にも、明洞にもあります。

どちらの店舗も日本人をよく見かけます。

熟成豚肉は、日本ではあまり食べられる機会はないと思います。

日本ではどちらかと言えば、熟成牛肉のステーキが有名ですからね。

熟成牛肉がおいしいように、

サムギョプサルでも熟成すると、こうも違うのか!と衝撃を受ける旨さです。

韓国式のマナーを守って、美味しい焼肉を食べて韓国旅行を満喫してね!

 

【Trip.com】公式サイト

火砲食堂 市庁店 地図

火砲食堂 市庁店 サムギョプサル
最新情報をチェックしよう!