【絶品】韓国のホルモン焼肉店ヤンチョルブッ

韓国お役立ち情報を紹介する「こぐま」です。韓国スタミナ料理のホルモンのお店を紹介したいと思います。
ホルモンが苦手な人も多いと思いますが、韓国のホルモンは臭みもなく美味しいんです。
見た目もちょっとグロテスクに見えるかも知れないけれど、食べると病みつきになる美味しさです。
韓国は、ホルモン焼、ホルモン鍋などホルモンの専門店がとても多いです。
そんな数あるお店の中から、今回、ご紹介するお店はホルモン焼肉の「ヤンチョルブッ江東区庁店」です。
このお店は、日本でも有名な韓国女優のパク・シネさんのご両親が経営するお店なんです。
人気店なので、混みますが行ってほしいお店の1つです。

韓国の人気ホルモン部位

コプチャンとは?

韓国のホルモンと言えば「コプチャン」のイメージを持つ人も多いと思います。
コプチャンとは、ホルモン(内臓系)の部位の一部で、牛では小腸豚では腸全体の事です。
少し細い感じで歯ごたえがしっかりとあるのが、コプチャンです。
実際は、『コプチャン=ホルモン焼肉』くらいな意味合いで思っている人も多いのではないでしょうか?
私も 『コプチャン=ホルモン焼肉』 と思ってました。

テッチャンとは?

テッチャンは脂がたっぷりとある大腸のことです。
コプチャンよりは、大きめで臭みのないプルプルとした脂が美味しいです。
脂がたっぷりなのに、あまり脂っこく感じないです。

コプチャン・テッチャンは日本では「マルチョウ」と呼ばれる部位ですね。

ヤンとは?

ヤンとは、日本語では「ミノ」と呼ばれる牛の第一胃袋の部位です。
コリコリとした歯ごたえで、あっさりとした味です。

マチャンとは?

マチャンとは日本では「ギアラ」と呼ばれる牛の第四胃袋で、歯ごたえが良く、ヤン(ミノ)よりも、肉のうま味があります。

ヨムトンとは?

ヨムトンとは日本では「ハツ」と呼ばれる牛の心臓です。脂身がなくコリコリとした食感です。

女優パク・シネの両親が経営するホルモン焼肉店「ヤンチョルブッ」

ヤンチョルブッ江東区庁店とは

日本でもお馴染みの韓国女優パク・シネのご両親が経営する人気のホルモン焼肉店です。

チャングンソクと共演した「美男〈イケメン〉ですね」や、イ・ミンホと共演した「相続者たち」、イ・ジョンソクと共演した「ピノキオ」など、数多くの有名ドラマに出演するパク・シネ。

店内にも、数多くのパク・シネの写真やポスター、グッズが飾られています。

パク・シネ本人もたまにお店に来るみたいだから、運が良ければ会えるかもしれませんね。

こぐまは、4回行ったけど、1度も会えてません

ヤンチョルブッ江東区庁店のメニュー

ヤンチョルブッ江東区庁店では、4種類のホルモンが食べられます。

  • テッチャン(マルチョウ)
  • マチャン(ギアラ)
  • ヤン(ミノ)
  • ヨムトン(ハツ)

ホルモン以外にも、牛カルビや豚カルビなどもあります。

肉は、韓牛ではなく、ニュージーランドやオーストラリア産のようですが、臭みもなく食べやすいです。

韓牛ではない分、ホルモン焼肉にしては少し安めです。

ランチメニュー(月~金 12時~13時)もあり、1人で行く時にはランチの方が行きやすいと思います。

ランチメニューは、日替わりメニューやカルビチム、上ミノチャーハン定食などで、ホルモン焼肉ではありませんが、ランチメニューの方が、6000ウォン~8000ウォンくらいで断然安いです。

夜のメニューはこちら

ヤンチョルブッ江東区庁店 アクセス

地下鉄8号線の江東区庁駅が最寄の駅になります。

駅から徒歩で、8分ほどの場所に「ヤンチョルブッ江東区庁店」があります。

まずは、3番出口を出ます。

3番出口を出たら、真っ直ぐではなく、Uターンするように戻る感じで進みます。

交差点の角が薬局なので、薬局を右に曲がり真っ直ぐに進みます。

薬局の角を右に曲がった後は、ひたすら直進です。

途中に、噴水もあり、行った日は暑かったので、子供たちは元気に水遊びをしてました!

江東区庁駅3番出口から、徒歩7~8分程で右手に目的の「ヤンチョルブッ江東区庁店」があります。

向かい側には、ソウル江東警察があるので、わかりやすいと思います。

営業時間と定休日

営業時間は、11時30分~22時20分
定休日は、毎週日曜日、旧正月(ソルラル)、秋夕(チュソク)

ヤンチョルブッ江東区庁店は、人気店なので18時過ぎると、混雑します。
なので、待ちたくない人は18時前に行く事をおすすめします。

さっそく注文

今回は、大好きなテッチャンを2人前頼みました。
写真は2人前です。

これで、40000ウォン(約4000円前後)です。

少し高いと感じる人もいると思いますが、韓牛だともっと高いので、ホルモン焼肉にしてはリーズナブルだと思います。

テッチャン2人前を頼んだんですが、ヨムトン(ハツ)は、サービスで付いてきました!
(最初の注文は、2人前からです。追加は、1人前からで大丈夫です)

店員さんは、日本語が全くできませんが、写真付きのメニューには、小さく日本語表記があるので心配はいりません。

指でメニューを指せばOKです。

色々なホルモンを食べたい人は、盛合せがいいと思います。

注文時、店員さんは、日本語は話せなくてもニコニコとしていて、テキパキと手際よく焼いてくれて、とても感じのいい女性でした。

ホルモン焼肉を頼むと、韓国ならではの「おかず」もたくさん付いてきます。

とくにムッサバルというドングリの寒天入りスープがおすすめです。

チャリチャリした氷が入って後引くスープです。

ホルモンを焼くのは、クヌギの炭です。

やっぱり、炭火で焼くお肉は香ばしくて美味しいです!

ホルモンは、店員さんが焼いてくれるので、すべてお任せで大丈夫!
おかずを食べながら、焼けるのを待っていましょう。

おすすめの食べ方

おかずと一緒に付いてくる、ピリ辛の醤油ベースのタレにつけて食べるのが1番美味しいです。

生たまねぎと一緒に食べるとさっぱりと食べられるけど、タレにつけるだけで食べる方が、テッチャンの本来の脂の甘みやうま味を感じる事が出来ますよ!

「ヤンチョルブッ江東区庁店」まとめ

韓牛のホルモンよりは、少し硬い気はしますが、味は美味しいし、価格もホルモン焼肉にしてはリーズナブルという事で、おすすめです。

珍しい ムッサバルというドングリの寒天入りスープ などが、おかずで付いてくるのも嬉しいです。

ただ、明洞周辺に宿泊している方にとっては、お店が少々遠いと感じるかもしれません。

人気店なので、18時過ぎは待つのも覚悟になると思います。

特に土曜の夜は、かなり待った事があります。

待ちたくない人は、18時前に行くことをおすすめします。

パク・シネさんのお母さんと記念撮影

パク・シネのお母さんは、殆どの確率でお店にいます。

お会計をしてくれるのは、パク・シネのお母さんです。

いつも笑顔でとても気さくな感じのいい方です。

写真撮影にも、快く対応してくれました。

以前、日本からお菓子をお土産に持って行ったら、毛糸で編んであるフクロウのぬいぐるみを頂きました。

お父さんは、私が行った時には、お店の駐車場の誘導していましたよ。

 

ヤンチョルブッ江東区庁店の地図

最新情報をチェックしよう!