立ち食いドラム缶焼肉の有名店「ソソカルビ」へ行ってみよう!

こんにちは。韓国大好きの「こぐま」です。

今回は韓国グルメの定番『焼肉』の美味しいおすすめのお店をおススメしたいと思います。
「ソソカルビ」という行列が出来るお店の明洞店を詳しく紹介していきますね。

「ソソカルビ」明洞店はとは、こんなお店

「ソソカルビ」といえば、立ち食いで、骨付き牛カルビをドラム缶で焼いて食べるスタイルで、韓牛がお手頃の値段で食べられる有名店。
新村に本店があり、オープンと同時に満席になる、行列必須での大人気店。

その「ソソカルビ」が明洞にあるんです!明洞店が出来た時には、まだガイドブックにも載っていなかったんです。ですが、出来たと聞けば行くしかない!と、初めて明洞店に行ったのは、2018年1月。それから、ソウルに行くとちょこちょこと通ってます😊
場所は「明洞餃子」の真裏にあります。裏通りになるので目立たないんです。
目立たないためか、オープンしてだいぶ経っているんだけど、本店(新村)と違っていつも空いていて超穴場!っていう感じ。逆に空きすぎていて入りにくいかも。

本店は行列必死だから、並ばずに食べられるのは有難い😆

さっそくお店へ入ってみよう!

本当に店内はガラガラなんです!

何回来てもこんな感じ。

お肉を焼き始めると煙がモクモクになるんで、テーブルの近くに大きいビニール袋が置いてあるから、上着やバックは袋の中にしまった方がいいですよ。

ソソカルビ明洞は本当に空いていて穴場。ガラガラの店内

各ドラム缶の中には練炭があらかじめセットされていて、店内に入るとアジュマ(おばさん)が網をのせてくれます。にんにくたっぷりの「タレ」も網の上にセットしてくれます。

本店より明洞店はタレが薄い気がするのは私だけかな?でも煮詰まっていくから丁度よくなるんだけど😃

練炭がセットされたドラム缶の上に網とタレをセット

メニューは本店と同じで、骨付き牛カルビのみ。1人分が150gで15000ウォン(1500円前後)で2人分からの注文です。
ご飯や野菜なんかはないので、食べたい人は食べたい人はコンビニなどで買い込んで持ち込んでOK!です。
ドリンクはビールやソーダなどを勝手に冷蔵庫から自分でもってくるスタイル😄

網と「タレ」がセットされたら、次は店員さんが勝手に肉を持ってきて焼きはじめてくれます。

焼き始めると、タレに付け込まれた肉の香りが、食欲をそそる~!

自分で焼かないで、アジュマ(おばさん)がたまに来て、適当に料理バサミでチョキチョキと適当な大きさに切ってくれるから、ビールでも飲んで焼けるのをただジッと待つだけ。

肉とビール

肉が食べごろになるとアジュマ(おばさん)が「食べて~」みたいな仕草で合図してくれるから、そしたらニンニクたっぷりのタレに付けて食べる!!

ビールと肉がよく合ってマジに美味い~、でいつも食べ過ぎてしまう😓

新村店も明洞店も全く日本語は通じないのが、ちょっと不安な人もいるかも知れないけど、絶対おすすめなんでぜひ食べてほしいです。

日本語全く通じないし、私も韓国語はほとんど話せないけど、ポケトークを使いながら、何とか会話を交わすうち3回目くらいでアジュマが覚えていてくれて、行くとサービスでジュースを出してくれるようになりました😆

今ではアジュマとライン友達にまでなりました!
人との出会いも旅の楽しみの一つだと思います。

「ソソカルビ」明洞店のまとめ

  • 韓国客に人気の明洞にありながら空いていて穴場
  • 立ち食いのドラム缶焼肉
  • 韓牛がリーズナブルで食べられる
  • メニューは韓牛骨付きカルビのみ(1人分150g、15000ウォンで注文は2人分から)
  • ご飯や野菜など、持ち込みOK!
  • ドリンクは自分で冷蔵庫から持ってくるスタイル

韓国らしさを感じられるお店なので、ぜひ韓国に行ったときには行ってほしいお店の1つです。

追記

日本のテレビで、坂上忍さんが「ソソカルビ 明洞店」を紹介してからは、以前よりは混んでいるようです。

最新情報をチェックしよう!