日本のテレビでも紹介された熟成豚肉を食す

こんにちは。食べるの大好き「こぐま」です。

以前にも紹介したんですが、熟成豚肉(ドライエイジングポーク)が私の中でマイブームになっています。熟成されることによって、うま味が凝縮されて美味しいんです😄
日本は、アメリカの有名なステーキハウスの出店で、熟成ビーフの方が馴染みがあると思います。
熟成ビーフは値段が高価だし、独特の匂いがあるので、私は苦手なんです😴
ですが、熟成豚肉は匂いもあまり気にならず、私は、断然、熟成豚肉派です!

日本ではあまり馴染みの少ない熟成豚肉ですが、韓国のソウル市内には、たくさんのお店があるんですよ。
たくさんあるお店の中で、今回食べに行ったのは、数年前に、日本の某テレビ番組で紹介された「GINGER PIG」。

GINGER PIGは・・・

場所

若者や観光客に人気のエリア、弘大(ホンデ)にあります。
地下鉄2号線、弘大入口(ホンデイック)の9番出口から徒歩で5分ほどのところにあるので、行きやすいです。

こだわり

お店のこだわりは、もちろんお肉!
使用している豚肉は、産地直送の、豚肉特有の臭みが少ないメスのみ。
自家製の生姜の粉をまぶし、8日間熟成させた熟成豚肉を、厨房で程よく焼いてから提供されます。
そんなこだわり熟成豚肉を食べてみたく、行ってきましたよ😆

注文

行った時間はオープン時間の11時30分過ぎ。お昼時間少し前だったから、すぐに入店出来ました😆
弘大(ホンデ)にあるだけあって、外観も店内もオシャレです。
が!!店員さんの接客はいまいち😰席に案内してくれるでもなく、空いているから勝手に席に座ろうとしたら、「こっち」みたいに手招きされました。

気を取り直して、メニューを見ると、親切にきちんと日本語表記もありました。
日本の、某テレビ番組の名前がついたセットメニューがあったので、そのセットを注文しました。
店員さんは、日本語が全く通じなかったので、メニューを指して注文は無事に出来た!!
にしても、店員さんの接客はイマイチ。注文を受けるときの態度も、怠そうな感じでかなりショック😴
注文品を持ってきてくれる時も無言😖

サンチュやキムチなどは、セルフサービスで自分で好きなだけ取って来られるけど、食べ残しは禁止、あまりにも残すと料金が取られるようなので注意して下さいね。

提供されたセットメニューの熟成豚肉は、厨房で焼いてから来るので、テーブルでは焼き直すだけ。それも店員さんが焼いてくれるから、焼きあがるのを待つだけですが、店員さん本当に上手に焼けるかな?って不安を覚えるくらいの接客態度。

食す

サムギョプサルは少し脂身が多い気はするけど、色が美味しそう!!
匂いは、生姜の粉をまぶしてあるはずだけど、生姜の匂いは感じず、肉が焼ける香ばしい美味しそうな匂いに食欲が湧きます。

セットメニューには、チーズも付いてきて、チーズも肉と一緒に焼いてくれます。
白い”はんぺん”みたいなのが、チーズで焦げ目がついて良い感じ😊
しかし、肉焼きすぎじゃない?って思うくらい、よ~く焼いてくれちゃってます😥

食べていいよ、的な合図をされた時は明らかに肉が焼けすぎ!!😰
肉は、生姜の匂いも味も全くなくて、熟成しているだけあって、豚肉の脂の甘味もあり美味しいんだけど、焼きすぎてるから柔らかさは半減。やはり、不安は的中😰
本来、ついてくるはずの行者ニンニクの葉も出て来ない😡
セットメニューには、付いて来ないのか?忘れているだけなのか?
聞きたいけど、店員さんに話しかけるのも嫌で、サムギョプサルとの相性抜群の行者ニンニクの葉は今回は諦めました😭😭😭
行者ニンニクの葉で食べたかったよ~。
サンチュというか、サニーレタスにお肉をのせてチーズと一緒に食べれば、それはそれで美味しく食べれました。

セットメニューの最後に冷麺が出てきたけど、よく言えば「シンプルな冷麺」、悪く言えば「何とも手抜きされた様な冷麺」😣きゅうりも数えられるくらい少ないし、ゆで卵も裏返しだし。
味は、シンプルな家庭でも作れそうで、普通。
お金を払って食べると思うと残念だな😴

GINGER PIGまとめ

肉の質や熟成にこだわり、肉自体は良いんだと思います。
日本の某テレビ番組で紹介されたから、期待し過ぎてたのかもしれませんが、店員さんの接客に疑問を覚えました。日本人を嫌っているのか?日本語が出来ないから愛想がないのか?はわからないけど、疑問があっても聞けないし、店内の写真とかも撮りたかったけど、ジロジロ見られて撮れなかったです。
肝心の肉の焼き方も、もう少し勉強が必要な気はします。
弘大(ホンデ)という立地がら、行きやすい場所です。
こんなお店もあるんだな、と勉強になりました!

最新情報をチェックしよう!