ソウルのユッケジャン専門店【文培洞ユッカル】は後引くうまさ

韓国お役立ち情報を紹介する「こぐま」です。
韓国料理は「辛い」というイメージを皆さんもっていませんか?
色々な韓国の辛い料理の中から、ユッケジャン専門店の「文培洞ユッカル」を紹介します。
文培洞ユッカルは、創業40年にもなるユッケジャン専門店です。
韓国の地元の人が行列に並んででも食べている大人気店文培洞ユッカル」をぜひ食べて見てくださいね。

ユッカルとはどんな食べ物?

日本でもお馴染みのユッケジャン(牛肉やネギ・もやしなどを辛く煮込んだスープ)に

カルグクス(韓国の手打ちうどん)を入れて食べるんです。

「ユッケジャン」+「カルグクス」を略して「ユッカル」です。

そんな「ユッカル」が食べられるお店が『文培洞(ムンべドン)ユッカル』です。

 

ユッケジャン専門店 文培洞ユッカル 

文培洞ユッカルの基本情報

行き方

地下鉄4号線の三角地(サンガッチ)の8番出口から徒歩で8分くらいの所にあります。

三角地(サンガッチ)は、ソウル駅から2つ目の駅です。

8番出口を出て、真っ直ぐに進むと、エレベーターを使う陸橋があるので、エレベーターに

乗り陸橋を渡って下りた左側に、文培洞ユッカルがあります。

営業時間と定休日

平日9:30~18:00、土曜日は9:30~17:00まで営業しています。

定休日は日曜日。

お店の雰囲気

私は、いつもお昼前の11時過ぎに行くんですが、何人か並んでいることが多いです😓

店員さんは愛想が良い訳ではありませんが、忙しいのでテキパキと動いています。

並んでいる殆どの人が韓国人なので、地元民に人気があるお店なんですね。

お店自体は小さめで、30人くらい入れると思いますが、テーブル同士が所狭しと置いてあ

るので、かなり窮屈に感じます。

でも、そんな窮屈な思いをしてでも、食べたくなるのが「ユッカル」なんです。

地元の人に大人気!並んでも食べたい美味さだよ。

ユッケジャン専門店 文培洞ユッカル

文培洞ユッカルの基本メニュー

メニューは、1番人気の「ユッカル」ユッケジャンスープ+カルグクス(うどん)

ユッケジャン」ユッケジャンスープ+ご飯+カルグクス(小)があります。

共に9000ウォン(900円前後)です。

私はいつも「ユッカル」を注文しますが、ご飯も食べたい人は「ユッケジャン」を頼んでくださいね。

お店の人は、日本語が話せませんが、「ユッカル」か「ユッケジャン」どちらかを言えばいいだけだから、問題なく注文できると思います。

注文するとすぐに頼んだ「ユッカル」が出てきます😆

見た目は、真っ赤でいかにも辛そうでしょう~。長ネギがこれでもか!ってくらい入っています。

ユッケジャン専門店 文培洞ユッカル

ユッカルを食べた感想は・・・

「ユッカル」は、凄く辛いけど長ネギがたっぷりで、煮込んだ長ネギの甘味と長ネギの

トロみがスープに溶けこんで濃厚なスープになってます。

長ネギばかりに見えますが、スープをかき混ぜると、牛肉もたっぷりと入って、辛さの中に

牛肉のうま味と長ネギの甘味とトロみで、コクがあり本当に後引く美味さなんです😍

とにかく美味しいユッケジャンスープの中に入れるカルグクス(うどん)は、

日本でいうきし麺のような、平打ち麵で、辛いコクのあるスープとの相性抜群です。

ユッケジャンスープが、想像以上に辛めなんです。

カルグクスを入れることで少しマイルドになり、麺と辛味が「おいしい~」😍😍😍


 

こんなに美味しいユッケジャンスープはなかなか無いよ!

辛さのせいで、汗がかなり出てしまいます
それくらい辛めです。

「ユッカル」と一緒に出てくるおかずは、辛いユッカルの箸休めに丁度いいんです。

キムチとカクテキ、ナムル3種類で、いつ行ってもこの組み合わせです。

キムチとカクテキは、セルフサービスでおかわり自由だけど、お店が狭くて1度座ると、取りに行くのは、諦めちゃいます。

ユッケジャン専門店 文培洞ユッカル キムチとナムル

文培洞ユッカルまとめ

観光客があまり行く事がない、地下鉄4号線の三角地駅。

土地勘がないと不安かもしれませんが、絶対に行って食べる価値があるお店だと思っています。

ソウル駅からは2つ目の駅なので、そんなに遠くではありません。

辛い物が好きな人や韓国らしい料理が食べてみたい人は、ぜひ行って食べて見てください!!

辛い物好きな人はぜひ!行ってみてね。

文培洞ユッカル の地図

最新情報をチェックしよう!