チョン・ヘインとハン・ジミンが主演、韓国ドラマ「春の夜」ロケ地2人がキスしたベンチと散歩道

韓国お役立ち情報を紹介する「こぐま」です。韓国人気俳優チョン・ヘインと実力派女優ハン・ジミン主演の韓国ドラマ「春の夜」。春の夜のように優しくキレイな温かみのある大人のラブストーリーを描いたドラマです。そんな「春の夜」のロケ地へ行って来ました。今回は2人の主人公が初めてキスをした公園のベンチと、2人が歩いた散歩道を見学して来たので、写真付きで詳しく紹介していきたいと思います。

韓国ドラマ「春の夜」 あらすじ

チョン・ヘイン演じるユ・ジホは35歳、薬剤師で6歳の息子を持つシングルファーザーです。

シングルファーザーになった事から傷つき、自分の感情を抑えながら生きてきました。

ハン・ジミンが演じるイ・ジョンインは35歳、図書館司書で4年付き合っている彼がいます

3人姉妹の真ん中で、自分を大切に生きる芯の強い女性です。

そんな2人が出会い惹かれ合って、どこにでもありそうな心の葛藤や悩み、障害をリアルに描いた大人のラブストーリーです。

相手を思いやる優しさがあり、自分の意見や気持ちをはっきりと表現していく2人のすがたに心が温まりました。

そんな「春の夜」の主人公2人が初めてキスしたベンチを
探してみて来たので紹介するね。

韓国ドラマ「春の夜」ロケ地ユ・ジホの住んでいるアパートの記事はこちら

韓国ドラマ「春の夜」ロケ地 ユ・ジホの勤務先の薬局の記事はこちら

主人公2人が初めてキスしたベンチ アクセス

主人公のユ・ジホとイ・ジョンインが初めてキスしたベンチは、西大門独立公園内にあります。

最寄駅は、ソウルの地下鉄3号線の独立門の5番出口です。

ソウル地下鉄3番線 独立門5番出口

地下鉄3号線5番出口を出るとすぐに、左斜めに緩やかな登り坂の小道があるので上がっていきます。

ソウル地下鉄3号線5番出口を出たらすぐに左にある緩やかな登り坂を上がる

小道を登りきると正面に、西大門刑務所歴史館の入り口が現れます。

日本の植民地時代の刑務所で監獄や死刑台などが保存され見学が出来る歴史館です。

楽しい場所ではありませんが、日韓の歴史を知るのに1度訪れるのも良いかもしれません。

西大門刑務所歴史館入り口

歴史館の入り口前の道を右折し、塀沿いに真っ直ぐと進みます。

西大門刑務所歴史館入り口の道を右折し、塀沿いを直進する

歴史館の塀が途切れる所まで歩いていくと、駐車場が見えてきます。

塀が途切れた角を左折します。

西大門刑務所歴史館の塀の角まで来ると、その先は駐車場

右手に駐車場、左手に西大門刑務所歴史館の間の道を真っ直ぐと進みます

しばらく進んで行くと、右の奥に小さなベンチや公園が見えてきます。

行った時は紅葉がキレイだったよ。

西大門刑務所の塀の角まで来たら、左折する。左手が刑務所歴史館、右手が駐車場の道を真っ直ぐ進む

二人がキスしたベンチ

4つ並んだベンチの左から2つ目が、ドラマのキスシーンが撮影されたベンチです。

学生たちがピクニックしていたから空くまで
長い時間待ったんだよ。

ソウル市民の憩いの場らしく、なかなかベンチが空きませんでした。

やっと写真が撮れた!!

韓国ドラマ「春の夜」ロケ地 二人が初めてキスしたベンチ

2人が歩いた散歩道

西大門独立公園内には、キスしたベンチの他にもう1つロケ地があります。

2人が並んであるいた散歩道です。

ベンチのある公園と西大門刑務所歴史館の道を突き当たりまで進みます。

t字路になった左側が、2人が歩いた散歩道です。

西大門刑務所歴史館と駐車場の間の道を突き当たりまでいく

ドラマでは夜の映像でしたね。

ドラマのワンシーンが目に浮かんで嬉しくなるよ!

韓国ドラマ「春の夜」ロケ地 まとめ

ドラマのロケ地巡りは、実際行くと距離感がわかってドラマをよりリアルに感じられるのが

楽しいです。

好きな俳優さんが居た場所に、自分もいるかと思うと同じ景色を見る事が出来て

とても嬉しいです。

ロケ地巡りをしていなかったら、独立門公園や西大門刑務所歴史館には行く事もなかった

かもしれません。

普段の観光では行きそうもない場所を発見出来るのも、ロケ地巡りの楽しさだと思います。

西大門刑務所歴史館 地図

韓国ドラマ「春の夜」ロケ地 二人が初めてキスしたベンチ
最新情報をチェックしよう!